月日という名のお客さんから逃げる。

2011.03.01.Tue.22:58
 朝から雨模様で、BGMをMitchell Froomの『A Thousand Days』(私物)にする。ヴィンテージのスタインウェイで奏でられる物語は、誰かのモノローグのよう。曲間のSE?で揺り戻されたりする感も味わいつつ、その世界に浸み入ってゆく。

 しかしこれを繰り返すばかりだと(トータル40分弱)さすがに眠気もちらほらなので、途中でManuel Göttschingの『E2-E4』(売り物)をかけてみたりする。(トータル58分強、ノンストップ)

  個人的には鍵盤の音が好きで、お店などでかかっていたりするとついゆっくりしてしまう。なので、お客さんの滞在時間がのびたりしないだろうか(あわよくば何か買…)、というイヤラシさも少しありつつかけている気持ちも否定できないのだが。
ちなみに普段は、たいていピアソラをかけています。




  夕方、雨もあがったと思われる頃、前にも来店いただいた方がお連れ様と一緒に来られる。私自身は、昔から本を話題にして語らうということをほとんどしないので(なので本の話題をふられると結構緊張する。こういう店主もいるのです。)、本を御覧になって歓談されている様が素敵だなぁと思う。あまり外部にうって出ておらず、お客さんが同時に5人とか6人という状況にはならないので(一度くらい体験してみたくもあるような、ないような)、ゆっくり読書をされていただいて結構だ。

  その方から、近所で販売されていて、前より気になっていたクッキーを頂戴する。厚みがあってしっかりとした味。無くなること秒殺の如し。御馳走様とあわせて、再度の御来店ありがとうございます、です。



  帰りに新刊書店へ。付録なのかそれがメインなのかわからないムック本が増えていて驚く。どこそこで有名なんですよ、のお菓子屋のシェフが教えるレシピとその型がついて何千円、やら美容器具がついてお幾ら、など。はーとかへーとか、やたらハ行感嘆が多くなったのを歳のせいだとは思いたくない。と思っていたらもう3月で、私の部屋にはまだ去年のカレンダーがかかりっぱなしであったりするわけで、そういえばまた誕生日を迎えるのであって、これはやはり「百代の過客」(芭蕉)から逃げているのかもしれない。





  昨日のタイトル「Y・M・O」は、「やっぱり間違えて覚えていたか」の方がよかったかもしれない、などとどうでもよい事を反省。






関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する