鳩とFPシグナレス。

2016.10.01.Sat.11:00
最近の日中は、鳩の観察に出かけています。


来て御注文品の荷造り→郵便局へ→ハトその他鳥類観察→戻って本の処理や撮影・スキャン、注文対応など

…という1日の具合です。
この街中のぐるりに観察ポイントはかなりあり、メインは公園3箇所・鴨川の土手・大丸裏手(錦小路通側)・ろっくんプラザですが、その他に目撃率の高い駐車場などもあり、烏丸通まで含めると、街中はハト様天国です。時々、うちの屋上の手すりにもきているぐらい。
大体は、ハト+スズメのコンビネーションですが、鴨川だとカラスと鴨とハトという混在っぷりを観ることができて最高です。

鳩は動きが面白くてついついじっと見てしまいます。人がポーンと餌を投げてやる時の、集団の動きとかですね。時間帯によっての動き方とか動かなさであるとか、まあ格好良くいえばフィールド調査ということでしょうか…そう、調査に出ているんですよ私は…決して暇つぶしとか、癒される為にいっているわけではない…

って、なんの話をしているんでしょうか、という感じですが、そのようなことにうつつをぬかしていたとある日に、嵐山のロンドンブックスさんがフリーペーパー『シグナレス』の新しい号をお届けにみえられていたようで…。



GEDC2100.jpg

御親切にも、あらためて送っていただけました。感謝深謝、です。

今号は、アニメーション監督の原恵一特集。読んでいると、アニメ映画界には疎い私でも、「ああこの人か」と気付き、観てみたいような作品もありました。
その他も、いつもの皆さんによるいつもの“シグナレス・ワールド”です。

他のFPやチラシ同様、こちらのシグナレスも厚みが大丈夫そうな場合は通販の際に同梱しておりますが、マイペースに発行部数も控えめにやっておられるようなので珍しいと思いますよ、と添えて(←造りがしっかりしているので黙って送ると、かえって不審がられるかなと思って)送って差し上げると、結構喜ばれます。勿論、誰彼に入れているわけではなく、文芸・文章系の書籍を購入される方なら読むだろうということで、一応こちらなりに考えてはおりますが。
例えば、「カライモ通信」なら九州方面へのお荷物には必ず入れるとか、音楽関係の書籍・CDなら京都レコードまつりで出している「京都レコードマップ」を、…という感じでしょうか。あくまでも、お荷物サイズ規定に余裕があればの話ではあるのですが、発送作業はこういうのを考えながらやるのが楽しいですね。

少し多目に頂いたのと、次号予定が来年春頃(!)ということのようなので、基本は通販のお荷物に入れますが、何冊かは何がしかのイベント出店に持参しようと思います。


シグナレスHP:http://www.i0r1.jp/signaless/
London BooksさんHP:http://londonbooks.jp/




**************************************************


ところで鳩のジャケットといえば、これでしょうかね。




006 - コピー

関連記事