実験アキレス到着。(Not最新号)

2014.10.27.Mon.00:00

実験アキレス44号中年劇画

フリーペーパー実験アキレス、久しぶりの到着です。久しぶりといってもうちに入ってきたのが久しぶりなだけで、年に4回いつもきちんと出されていて、先日新しい号が発行されたそうな・・・。うちには顔画工房さんが来られたときにしか入ってこない式ですので、毎号常時設置はしておりません。

実験アキレスFacebook:https://ja-jp.facebook.com/jikken.a


(以下ほぼ身内話)

昨日は、顔画さんとイラストレーターの関根しりもちさんと茂平さんとつっきーさんの御来店で、ま、このメンバーは以前我々も参加させていただいたインディーズムービー『劇画家殺し!』の構成員で、今キャストと話をほぼ変えて(劇殺の延長話か)『劇画家半殺し』というのを撮影している模様。京都撮影の合間でお立ち寄りいただきました。(ちなみに上記4名のうち3名がOG大の落研仲間同士)
使われるかどうかわかりませんが、というか完成するのかどうかもわかりませんが、K氏も参加して店でもほんの少し撮影を。そのあとは顔画さんの動画チャンネルで流していただけるというありの文庫CMの撮影と、これまた別で顔画さんがやっているというラジオの収録のようなものを。演出が申し分なく、編集次第ではCMがすごく面白くなりそうなので、とても楽しみです。
画像の顔画工房さんの最新ミニコミ『中年劇画』は、いつも以上にお金に余裕がない為今回はお取扱い見送りに。(泣)大阪は中津のシカクさんなどで取扱っておられるようですので、興味のある方はそちらで是非。顔画さんの漫画は山坂書房さんの『漫画誌山坂』でも御覧いただけます。

K氏にしても顔画さんにしてもどちらとのつきあいももう10年以上になるわけですが、文字で10年と書いても10という数のかたまりでの認識でしかなく実感するところは少ないのだけれど、0歳だった子が小学校を卒業している以上の年月を実際のところ経ているわけで、その流れで思うと我ながら驚くものがあります。
というのが、学生時代の友人でもなければ、就職先の同期というわけでもない、ただの元アルバイト先の仲間ですから。
よって、こういう人々に囲まれていると、自分がいつまでも彼等と出会った20代のような気がしてなりませぬ。

・・・と、多分10年後くらいも(生きていたら)言っていると思う。


顔画工房HP:www.rak2.jp/town/user/kaoga/


なーかまーのこーえーがきーきたーいな~♪


K氏が演じ(畏れ多い・・・)させていただいた石川さんのモデルとなった石川フミヤス先生。
昨年公開の映画『TATSUMIマンガに革命を起こした男』に際してのコメント動画。この作品は観に行ったけれど、辰巳ヨシヒロというひとりの劇画家を追うのが、単なる叙述式でなくて斬新であった。DVD化してほしいところ。




関連記事