最近の入荷から。

2014.06.09.Mon.00:00

アメリカ黄金時代
熱狂のジャズエイジ、1920年代のアメリカの、ベースボールネタも散見されたり、リンドバーグの大西洋単独無着陸飛行の話題もあるが、主にスキャンダラスな事件を取り上げている。放つ光が強さを持つほどに輝きが増すほどに、影は濃く闇は一層深くなるのだろう。


フランス料理を私と
売切れ
伊丹十三自身が、辻調のフレンチの先生に作り方を教わり、実際に料理したものを食しながら、ゲストと対談を繰り広げる本書。料理製作も会話形式で、そのカラー写真のレイアウトにも工夫があり、ライブ感に心躍る。伊丹の食に対する言葉と、対談の気軽さを味わえる意味で、伊丹十三がお嫌いでなければ全力でお勧めしたい一冊。
未文庫化。(多分)
カバーイラストは吉田カツ。2刷。


雪の絵本
売切れ
雪に関する民話、小説や詩などの作品の紹介と、それに対するエッセイとなっている。本文の邪魔にならないような色調で様々な雪の結晶の図案が(隔)頁見開きに印刷されていて、静かな語り口により、本そのものの世界観の徹底を感じる。


歩行者の空間
フルーインの『歩行者の空間』は、私が現在読書中でございます…。

アメリカにおけるありとあらゆる歩行空間に関する最新の実験データ(1970年代半ばくらいまでですが…)を集め、問題提起をはかる…というあたりまでしか、まだ読めておりません。ドイツにおける「極限流動量」を求める高密の状態による実験(要は状況も人もピークの流動量の調査)のデータから得られた、緊急の建物からの退避時など、前の人の肩に手をかける方法が、流れの効率を良くし、心理的にも良い結果をもたらすというような、論旨とは直接関係なさそうな部分に、そうかー!と納得しているような段階です。
現在でも都市(交通)空間に関する論文等で参考文献の一冊にあげられていたりするのを見ると、ある程度普遍的な内容が展開されていくのではないかと、勝手に期待。
カバー写真は石元泰博。4刷。


探偵・怪奇のモダニズム
売切れ
長谷川四郎の著作を、息子が装丁という本以外、親子による共作を実際に手にした事はないが、世の中にどれくらいあるのだろう。
父・竹中英太郎装画による息子・竹中労の本もいつか見てみたい。




********************************


タイミングが重なったので、たまには…。

tonyconradCD.jpg
生けるインテリ・アバンギャル道、Tony Conrad先生のCD入荷。
Faustとの共作(左)は、1993年リリース版。
もうひとつのスタジオアルバムは、ジム・オルークが参加。





関連記事