グッドヴァイブレーション。

2012.09.23.Sun.21:51

昨日は、当店取扱ミニコミで御馴染み、山坂書房のおふたりに御来店いただきました。

おふたりで、というのが久し振りです。

敬愛する作家さんの個展を観に行かれた後、他にも色々見物したいところはおありでしょうに、わざわざ寄っていただきましてありがたかったです。

アレコレ喋りたがる?Mさんと、その様子を暖かく時には冷たく時には「えっ?」という表情のみで見守るOさんのコンビネーションは、「21世紀の“まんが道”」を見ているような(既に作品サンプルのPOPコピーで用いているのですが、「言い過ぎです」と言われました…)気にさせられます。

おおよその誰の手や発想にも可能な、わかりやすい“刺激”や“過激さ”は、山坂書房のおふたりをはじめとする同人の方の作品にも感じることはないので(勿論ある程度、お達し的な制御があるのかもしれませんが)物足りなさを感じられる方もおられるかもしれませんが、だからといって単純に“癒し”であるとか“ゆるい”わけではない、大人の為の漫画作品がここにはあるように思います。昔子供だった大人たち、距離というものを持って眺める態度を持つことのできる大人たち、の為の。


『漫画誌 山坂』の第七号は、やはりもう少し先の刊行予定とのことです。

最新作『漫画誌 バス』好評発進中!!!
漫画誌バス
銘入鉛筆二本つき




「慎ましく、しかし凛と胸を張って」
山坂書房HP:http://www.yamasaka-shobo.com/
山坂ブログ:http://yamasakasou.blog35.fc2.com/

monaka.jpg
Mさん、どうも御馳走様でした。鳥も喜んでつついておりました。


そういえば山坂のおふたり&作品の態度って、この前あげた♪時代おくれ♪の世界に通ずるものがあるような気が。
アルコールのない♪時代おくれ♪の世界。











関連記事