赤い爪。

2012.08.21.Tue.10:00

私の左足の小指の爪が無くなりまして
もう何度かいなくなっているので
大したことではないのですが
今回のは
赤い色した爪
どこへいったやら
喫茶店? アスファルトの路の上? プラットフォーム?
私の一部が死体として いや死体の一部?
日常的に落ちていく髪の毛やかさぶたも
確かに死んでおりますが
今回のは
赤い色した爪
落ちてしまっている場所を色々想像すると
なんだか不自然で不真面目な死体だなあと
ちょっと可笑しく思います
発見した人 ごめんなさい
私の左足の小指の爪
あれ、なくなった?とばかりに
また健気に生えてきております



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

洋書は値つけが難しいですね。美術・写真関係はなんとなくわかるというのか、自分の基準があるのでなんとかなるのですが。
お買取の際には、アバウトな販売価格は一応決めてはいるのですが、確定できず放りっぱなしにしていたものを、そろそろちょろちょろ出してみたりしつつ。


『Perfect Puddings』 Christine Collins (Faber&Faber 1976)
pudding1.jpg
ひたすらPuddingのつくり方の本です。英語は易しめ。

目次はこんな感じで
pudding2.jpg

例えば「Warming Puddings」の項目にはこれだけの種類のpuddingの作り方が掲載されています
pudding3.jpg

同様に「Pastry,Tarts and Flans」はこんな感じ
pudding4.jpg

pudding5.jpg
なにがスゴイかというと、写真・挿絵等なしのひたすら記述のみというクールさ。
800円あたりで、ストイックさを感じてみましょう。


料理系なのでついでに↓

『New Junior Cook Book 』
new junior cook book
こちらはアメリカの子供向けの料理本。ですが、やたら「大人の手を借りて」という文句が見受けられます。

new junior cook book2new junior cook book3
コテコテな感じですが、写真・挿絵が可愛らしいので、見ている分には楽しい本ではないかと思われます。900円あたりで視覚的満腹感を得てみましょうか。









関連記事