ジョン様。

2012.06.25.Mon.22:34

…駅を出てからのバスロータリーのあたりに、酔っ払いの若者の集団があって大騒ぎをしててね。中に、嘔吐している連中が、側を通るとき、その張本人らしきひとりの若者が自分の嘔吐物の中でよろけて、ハネたそれが私の足元に、そりゃ本当にほんの僅かであったけれども、当たって、黙って通り過ぎながらも、この世の、量の多少に拘らず酒を呑む連中に対する憎悪の花が開いたわよ。私もお酒飲む人、あんまり好きじゃないしね。でしょう?だから愚痴ってんの。っても、まあ私はチェーン・スモーカーだけどね。あら、外では吸わんでしょ。あんた、初めて家行ったときびっくりしたよ。換気扇の下から離れようとしなくって。あー、今もよ。今もスパスパ…


という、例えばこの様な日曜日の夜の電話を、うちのジョン様は冷たく聞き流していたりするのだろうか。ひっくり返すと、空洞ではあるけれど。

ジョン様は十年近く前にもらわれてきた。「棄てるときは粉々にしてね」という注意つきで。
秋の深まった夜ではあったけれど、隠すように抱きかかえて帰ってきたので(そして意外と重い)、私はしっかり汗をかいたのを覚えている。
john1.jpg
鏡の反射光が映りこんでしまった

john2.jpg



『マネキンの黎明期-向井良吉とその仲間たち』
マネキン図録

杉野学園衣装博物館で2007年に開催された企画展の図録。
京都は島津マネキンにはじまり、戦後七彩工芸(現・㈱七彩)へと受け継がれたマネキンづくりの精神・技術を紹介。薄い冊子ながら、見応えあり。



関連記事