練れば練るほど…

2012.06.01.Fri.00:05

 う ひひひひー。

 と、あの伝説のいかにも体に悪そうなお菓子のように、今後の作戦を練りにという訳ではないが閉店後おなじみの喫茶店「回廊」(京都府京都市中京区新京極通四条上る中之町)に行った。大体いつも行く時に注文するものは決まっているのだが、新たなメニューがあったりすると、ついその新しいものも頼んでしまう。試作品のことなどのお話もアレコレ伺っていると、このような小さな仕掛けをつねに考えて、試してみるという姿勢は業種は違えど刺激になります。


 それにしてもバッサリ髪を切ったので未だに鏡で見る自分の顔が別人に見える。鏡で見る自分の顔は自分の顔では無いのですよ、というような事が帯に書いてあったような気がする矢内原 伊作著「顔について」(みすず書房)新入荷しました。
 





関連記事