やれやれ、

2012.04.28.Sat.01:25
 な事が身の回りで進行している。小さな事から大きな事まで。どうもそうゆう時期らしい。という事で、という訳ではないが普段は読まないような「宇宙は本当にひとつなのか」(村山斉著 講談社ブルーバックス)という本を読んだ。副題には「最新宇宙論入門」とあるとおり、専門外の人間が読んでも面白い内容になっていて、まあ新書みたいなものなので入門的なものになるのだろうけど、それはさておき、現段階ではここまでわかっているのか!という驚きと同時にここまではわかっていない、という事がわかりやすく書いてあり、思わず夜空を見上げたくなった。



関連記事