問う。

2011.05.01.Sun.00:00
 世には様々な質問があって色々目にするが、個人的に好きなのは
高取英著『月蝕歌劇団』(沖積舎)の最終頁にある「質問」だ。
ランダムなのか意図的なのかはわからない、この並びがよい。
答え方によっては、ひとつ物語ができそうな。

 Kさん、これをみたら出来るだけまとまった文章で回答せよ。
(この質問の回答はこう、という答え方でなく。また答えられないものは省いて可。真剣、虚構どうでも可。)




質問******************************************************


世界から何がなくなったら生きていけないと思いますか?

少年少女時代に夢中になったものは何ですか?

最近会ってなくて会いたい人は誰ですか?

あなたが犯した誤ちは?人魚の涙の味を知ってますか?

無人島にいくとき何を一つ持っていきますか?

どのような死をのぞみますか?

「人生は冗談である」という言葉をどう思いますか?

世界の終りが明日だとすれば 今日なにをしますか?

底知れぬ憎しみとは何ですか?愛されていますか?


**********************************************************
※「誤ち」は原文ママです。
 なお「世界の終りが~」の質問の明日について、「明日は、永遠に明日だ」という
 数日前の私の言葉は忘れてください。





**********************************************************

 夜、割と御来店頂く若いお嬢さんが帰られた後、もう誰も来ないに違いないとふんで
(実際来なかった…!)、もう幾度目かのレイアウト変更。
ほんの少しだけ空間ができたのと、少しは立体的な感じがだせたかな…、という具合。
たとえ狭かろう、形がおかしかろうとこの場所を選んだのは自分達なので、最大限の努力は惜しまないようにせねばならない。
棚にスペース確保できたので、CDと本をもう少し出します。


もう5月!よい月!


☆ 5月3日(火)は、お休みいたします。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する