外回り。

2011.04.15.Fri.20:21
 
 今日はまずKARAIMO BOOKSに行ってきました。

 外の均一本コーナーを覗いていたら、中から噂のみっちんの泣き声が聞こえてきて、店内に入った途端に泣きやんだような気がします。カウンター内にNさんが居られて、挨拶すると「ありのさん!」と声をかけられました。そう言えば屋号は伝えてあるのですが、自分の名前は教えていなかったような。そして、奥から料理中だったJさんも作業を中断して、しばらく最近の動向などを談笑。以前ここに訪れた時に買った水俣産のひじきをまた買う。Yが最初に食べた時は、そのままボリバリ食べたのをNさんが知っておられて、さすがにそれは…とタシナメられました。

 店内にいた時から雲行きが怪しくなり、雨が降ってきたけど次の目的地の町屋古本はんのきへ。今日からリニューアルオープンという事で、挨拶がてらツマラナイモノを持参していきました。佐光君がその時は丁度店番をしておられ、しばらくしてからもう一人の中村さんも来られ、三人でここでも談笑をしてしまい、すっかり長居をしてしまって、そろそろこの辺で…と思っていたら、古書ダンデライオンの中村さんも登場。メンバー同士の名前がナカムラ アキ~まで一緒だそうなので、何かあだ名を募集中との事で、調子に乗ってダンデライオンさんのほうを最近お気に入りの団鬼六からとって団さん、もしくは鬼六なんてどうですか?とツマラナク無責任な事を言う。失礼しました。

 
 ほんのついさっき、階段を上がってくる足音がしたので、いつもの如く身構えていたら、顔だけ覗かせて一言「ここ古本屋さんですよね?」と言われたので、そうですと答えたら帰って行かれました。階段上がってくる途中に「古本」と書いた看板を置いているので、何の、どうゆう意図の質問なのか不明ですが、Yが「何かの罰ゲームと違うか?」というので、うーんそれもありうる。




 
 
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する