昨日、靴を買う。

2011.03.20.Sun.09:45

  もうすぐ誕生日なので靴を買った。
誕生日は言い訳かもしれない。
少し値ははるが、誕生日には毎年いい靴を買うという友人がいて
いつの間にか自分の言い訳にしているのかもしれない。

  本当は服を買いたかったのに、靴を買ってしまった。
店のBGMがいつものアンニュイなフレンチミュージックから
映画「ひなぎく」のサントラになっていた。
それを聴いていると、何だか勇ましく歩きたい気持ちになったので
試着にあわせて出してくれた「チャップリンシューズ」と名付けられた靴の方を選んでしまった。

  靴なんて買うつもりじゃなかった。

  でも
「京都なんて来るつもりじゃなかった」
「古本屋なんてやるつもりじゃなかった」
「こんなにも食べるつもりじゃなかった」エトセトラ…
と、案外「するつもりじゃなかった」ことによって「今」は形成されていたりする。
買うつもりじゃなかった靴で、今は1ミリも何とも想像しないことや
「そんなことしないよ、きっと」と思っている場所へゆく。
なんと恐ろしく、そして愉快なことだろうと思う。


_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

  夜、駅までの道、まんまるな月が真っ暗なビルに映っていて、
私が歩くと月も動いて、それはビルの中に入り込んだ月が
ころころ転がっているように見えた。
お月さん、あんたは立派に自由な不法侵入者だ。


 「何をちョこざいな お月様」         /  稲垣足穂『一千一秒物語』




★本日20日は、午後7時までの営業です。
☆明後日、休みます。
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する