スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月の店休日。

2015.02.01.Sun.00:00


              TAKE IVY S50②復




2月の店休日は以下の通りです。変更・追加があれば訂正します。
宜しくお願いいたします。


2月3日(火)

2月9日(月) ※13~16時頃の間は店内にいる予定。

2月13日(金) ※13~16時頃の間は店内にいる予定。

2月18日(水)

2月25日(水)


※店休日でも、(通常通り)階段の小看板が表向きになっていたら入店可能です。うるさい音楽をかけながら作業していると思いますが・・・。












スポンサーサイト

「解術宣言展」とシカクさんよりいつもの。

2015.02.05.Thu.00:00
解術宣言

解術宣言2

解術宣言展

日時:3月10日(火)~3月15日(日) 12~19時(最終日~17時)

場所:LADSギャラリー(大阪・福島)


げじゅつせんげん、と読ませるのでしょうか。
フリーペーパー「キチキチペーパー」のお仲間で、絵本制作の活動もされているオオハシマサノリさんが個展をされるとのことで、御案内いただきました。
前回の展示の際にお邪魔したのですが、今回も同じ場所でされるようで、そこは採光性の良さがあり広さも申し分なく素晴らしいギャラリーでした。作家の人はやりがいがあるだろうな、と。
ギャラリーの良さに負けることなく、自分の考え付いた宣言/言葉の面白さをどこまで体現できるか、決して言葉遊びに終始することなく、拘泥されることなく、いつも以上に突き抜けたものを期待しております。




∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



シカク月報24

大阪は中津の自主制作物販売その他諸々のシカクさんより、いつものフリーペーパー届いております。
今回は24号で、丁度2年間分目ということのようです。
確定申告等々この時期はお忙しいようで、おもだったイベントはないようですが、オリジナルグッズの制作をされるそうな。ウチも山坂書房さんからいただいている図案を、はやいところなんぞせねば・・・。

シカクさんHP:http://uguilab.com/shikakutop.html




顔画工房さんより。

2015.02.08.Sun.00:00

友人の顔画工房さんからいただいた連絡によると、元劇画工房メンバーで、解散後はさいとうプロで『ゴルゴ13』などの作画担当をされていた石川フミヤス先生が、昨年11月に亡くなられていたらしい。顔画さんの撮った『劇画家殺し!』で、ウチのK氏が畏れ多くも石川さんモデルの役を演じさせていただいたこともあり、勝手な親近感があった。京都の御出身であったし。

http://www.sankei.com/life/news/141127/lif1411270024-n1.html

葬儀委員長は、当然ながらさいとう・たかを。以前さいとうさんのドキュメンタリーで観た、長期療養中であった石川さんの空っぽの机の映像が強く印象に残っている。さいとう・たかをは結局最後までプロダクションをやめさせることなく、文字通り最後まで引き受けたのだなあ。合掌。


---------------------------------------


で、顔画さんからは『劇画家殺し!』の続編?『劇画家半殺し!』の最終回がアップされたとのことでお知らせいただいております。ありの文庫がちらっと映っております。(18:23頃から)石川さんが一瞬漫画家をやめて喫茶店のマスターをしているという設定で、K氏が出演しております。ちょっとニヤつきすぎですね。そうそう、壁に『燃える仏像人間』のチラシが映っておりますが、宇治茶監督やキチキチペーパーあたりとも(顔画さんまわりの)人間関係のつながりが色々とあり、個人的には嬉しいです。
そしていつも協賛というカタチで最後にいれていただいていた、ありの文庫CMも見納め!今回のBGMは「怪獣総進撃のテーマ曲です。怪獣が攻めて来たという設定で作りました」とのことです。


↓↓1週間の限定公開のようで(今回は2/13まで)、前回までを御覧いただいていないとなんのこっちゃという感じかもしれませんが…。しかし凄い絵ヅラ・・・




顔顔チャンネル→https://www.youtube.com/user/KAOGA1/videos


『半殺!』や顔画さんに関する最近のありの文庫記事:
2014.11.27
2014.10.27


「寺町ポコアポッコーン!」。

2015.02.08.Sun.00:01

pocoapoco.jpg

御近所のレコード屋pocoApocoさんが移転されるにあたり、新店舗を使って「寺町ポコアポッコーン!」というレコード市をされております。メンバーは年1回開催されている「京都レコード祭り」参加店舗で(全部ではない)、ミニレコ祭りという規模での展開といったところでしょうか。
ウチは基本レコード屋ではない為(お持込いただいた場合は大体買受いたします)、点数もないので、どこかのお店とコラボして名前を変えるという体にはなっておりますが、毎度「京都~」の方に参加させていただいておるせいか、今回もお声がけいただき、さらっと混ざっております。
さらに、せっかくの機会ということで、ウチのK氏も店番に多く立たせていただいているのですが、会場から近い距離にある参加店舗が多い為、皆さんこまめに商品追加投入されているようです。
なお、pocoApocoさんの新店舗の正式オープンは3月1日からです。


寺町ポコアポッコーン!

日時:開催中~2月22日  12~19時

場所は↓でどうぞ。地下です。
pocoapoco2.jpg




レコード入荷。

2015.02.15.Sun.21:00

少量ですが、レコードが入荷したのでお知らせ。「入荷」であって「棚出し」ではありませんので、御注意を。
肝心の音楽係のK氏が、「寺町ポコアポッコーン」にかかりっきりで、最終的な値段決定やらクリーニング(の必要性を感じないほどに美品だと個人的には思う)やらが出来ておりませんので、出せるとしたら3月以降か、5月中旬頃開催予定の「第3回京都レコード祭り」になると思います。

以下、いつものワタクシの独断に満ち満ちたピックアップです。


このバンドのロゴが見えた瞬間、何に対してかわかりませんが「やったー!」と思ってしまいました。私も好きなLOVE。手前のライブ盤はピクチャーレーベル仕様で、自分が欲しいくらいです。「レコまつ」に出したとして、最終日に残っているようなことがあれば、素知らぬ顔をして買いに行きたいところですが、多分売れてしまうだろうなあ。仕事だからなあ、自分のものに出来ないのは仕方がないのですが・・・。

chrisisaaklp.jpg hotelroomwithaview.jpg
ジャケット写真がBruce Weberによるもの。写真家のファンにも「買い」の1枚。右画像は当店在庫のBruce Weberの作品集です。


suncitylp.jpg
どこぞの作家先生に聴かせてやりたいタイムリーな1枚。

petergordonlp.jpg
ベスト盤的な内容(コンピレーションの表記あり)で、このデュオのそれ自体は珍しくないようですが、多分ジャケット写真がレア。と、まどろっこしい言い方になっておりますが、K氏曰く「ブー☆ちゃうか?」とのこと。いやそうであろうとなかろうと、この配色は絶妙で素敵です。

20152lp.jpg
…などなど、いい感じの作品達ばかりです。

本も内容・状態ともに、いつもよいものをお売りいただいて感謝でございます。
ウチに売ってくださる方は、ほとんど皆様そうなのですが、いやそこまでしなくても・・・というくらいにすごく考えぬいて持ってきてくださるので、色々な意味で助かっております。(出ていくものもしっかり出ていってしまいますが)でももっとあれこれ適当でも全然問題はないのです。本当に。


\m/\m/\m/\m/\m/\m/\m/\m/\m/\m/\m/\m/\m/\m/


【DOSAKUSA】
下画像は最近「棚出し」した書籍です。
昨年入荷の折々に、個人的な興味からよけておいた分です。読んだものもあれば、結局読まなかったものもあり・・・。

2014セレクション



新入荷から。

2015.02.28.Sat.00:00

仏語の絵本が何冊か入荷したので、語学が駄目な私でも絵本ならば当たらずとも遠からじ程度には解読できるかとめくっておったのですが、見返しが素敵なものがありましたので御紹介。
偶然ですが2冊ともネズミが出てきます・・・。

ところで話がいきなりそれますが、語学学習をされている方など洋書絵本を読むことの気軽な利点は大いにあると思います。が、それだけではなく、これは絵本制作に携わっている方から聞いた話なので私が全てを見比べてどうこうという話ではないのですが、ある作品が翻訳をされるとなった際、その国で好まれる傾向にあわせて絵の色調や刷りが変えられるというようなことが稀にあるとのことで、その方は「原画展に行くのが一番」というようなことを仰っておられたわけですが、そういった観点から原書に注目していただくのも良いかなと思っておる次第です。


souris en blanc

souris en blanc2
とある病院の小児病棟に入院中の女の子が、ある晩ベッドの下を覘くとそこにはネズミの病院が拡がっていて・・・。そこからネズミの世界の話が展開していくのですが、見返しから既に物語が始まっているということに気づいたとき、視点の変化の段階まで構成されたよく出来た一冊だなあと感嘆してしまいました。画像は裏見返し。
なお、こちらは1979年刊のハードカバーで、ペーパーバックでの構成がどのようになっているかはわかりません。

amandine et petit lion

amandine et petit lion2
仏の絵本作家のデビュー作。こちらは表見返しで、裏の見返しは背景色がグレーとなっております。この可愛いらしい子ネズミが、子ライオンのトラブルを、なかなかハードコアにしてかつ単純な方法で解決してあげるというハッピーなお話のようです。


johannesittenartdelacouleur.jpg
ヨハネス・イッテンの『色彩論』。仏語のダイジェスト版です。お客さんを選びそうなピンポイントさですが・・・。

ちいさならくがき
意外、と言ってしまってはかなり失礼なのですが、いちいちのエピソードが面白かったです。お金持ちのお嬢さんのようですが、嫌味な印象が全く残らず。こちらは復刊された版です。

ドン・キホーテ
ドン・キホーテもまとめてドン!


20150224lp.jpg
レコード入荷が追加でございましたので、駆け足でお知らせ。今回もいい感じです。前回分含め、一部棚出ししております。

断絶
名曲「傘がない」収録のデビュー・アルバム。サングラスをしていない「どちらさん?」状態の陽水氏の御顔も拝めます。帯欠。

letsdance.jpg
ボウイ様のアルバムは、ピクチャー・レーベル仕様。

pentanglelp
英国フォークやトラッド(このバンドの作品の中でもかなりその要素が強いアルバムのようです)が好きな方にお勧め。再発盤。

AtsukoIjichilp.jpg
今回の珍品。関西ではお馴染みの朝の番組のエレクトーンを弾いていた人かもしれないとのことで、検索にかけてみるとヒット。80年代前半に担当をされていた方でした。動画もあったので観たのですが、なかなかファニーな方であったようで・・・。で、1枚アルバムを出されていて、その際の販促用に制作された1枚のようです。スタンダード・ナンバーによる構成。



※店は暇ですが、確定申告等々諸々忙しいような気がするので、ブログはしばらく休みます。(ほんまは永遠に休みたい。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。