スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろアレとかアレの季節。

2012.12.05.Wed.11:38

百円ショップに大量降臨していた天使。気難しそうな表情がよろしい。
天使




***** 以下、画像メインの完全手抜きな新入荷紹介です。


皆さん、そろそろボーナスの季節ですよね?ね?
或いは、クリスマスやら年末やらの自分へのご褒美にこの一冊いかがでしょう。


鏡花本今昔

鏡花本今昔2

帯の文言が全て語ってくれておりますので、今更、私めが言うことは何もございません。

鏡花本今昔3 鏡花本今昔4

前所有者の方の立場?も考慮(勝手にしているだけなので、深い意味はない)しつつ、で一応ナンバリングは画像上ぼかしております。まあ、情報どうこうはないでしょうが、ごく最近の本ですし京都ですし念の為。
限りなく定価に近い、が、定価を超えない価格にて販売中。

売切れ

あとは、諸々、という具合です。この画像の真中の本、どこかで見たことがあるなあと確認したところ、林哲夫さんによる装幀でした。
1205.jpg













スポンサーサイト

スリーナイン!

2012.12.08.Sat.21:21


ぞろ目には、時間とレシート上でよく遭遇するが、999は久し振りかもしれない。ちなみに二週間ほど前のドラッグストアの会計では、555で、「いけいけどんどん」という文字が頭の中を駆け巡った。そのあとに某有名歌手のことを、ちらっと思った。




************


『Die Pose Als Korpersprache』
(オーウムラウトが文字化けするので、ただのO表記にしております)
die pose als korpersprache

ドイツのファッション写真家F.C.Gundlach(1926-)の、2001年にベルリンで行われた展覧会の図録。

die pose als korpersprache2 die pose als korpersprache3







かなしみで こんにちは。

2012.12.09.Sun.21:21
pc伝記


pc伝記2


pc伝記3






ネット。

2012.12.13.Thu.06:00
四条の大型書店にチェックしたい事柄があったので、立ち寄る。この企業は最近ポイントカードを導入したようで、レジ係のスタッフの方が年配の御夫婦を勧誘している風景に出くわした。このカードは、どうもネットから入会しないと駄目なシステムのようで、御夫婦は「ネットない」と返していた。そのあたりで脇を通過して出てきたので、その後のことは、よくわからない。兎にも角にも、「え!?対面で今入会すると言っているのに?迷ったらネットからでもOKとかいう融通の利くアレではないんだ」と私は驚いてしまったのだが、本(屋)を巡る現状の原因というのか、そういう一端を垣間見た思いがした。


時々、通販のことをきかれる。なぜ「絶対しない」(と言い張っているのは片方だけ)かというと、それには大きい理由がいくつかあげられるけれど、メール(&電話)のやり取りが非常に苦手だから、というのがそのうちのひとつ。えっ、そんなこと?と言われそうですが、そんなことです。92、クツー、なのです。(私が小型の通信機器を持たない理由もほぼこれ)
時々Kさんに、Yさんへなり代わってもらうことも。ま、それでも問い合わせの御返事などしなきゃならん状況は結構あるので、一応頑張っていたりはするのですが。一方的に送りつけるのみ、や受け取るのみはあんまり気にならないのですがねぇ…ラリーがねぇ、出来ないんですねぇ、これが。




***************

図録『ルドルフ・ハウズナー展』

ウィーン幻想派!!

ハウズナー展

ハウズナー展2 ハウズナー展3
開催:1982.4~ 東京他


図録『セシル・ビートン写真展』

カバー汚れあり

この人の詳細につけていた日記があるようで、是非とも読んでみたい(確か6冊発行されているのだとか 翻訳はされていない)

セシル・ビートン展

セシル・ビートン展2 セシル・ビートン展3
開催:1995.10~ 東京他








サー友。

2012.12.14.Fri.00:00
先日の、本紹介でとりあげたオネディのサークル友達、ペトリュス・ボレルの作品。
装幀がよいです。函に使用されている紙の感じが。(画面では全く伝わらないですが)

ペトリュス・ボレル


頣鬚!今日ならば変哲もないものに見えるのだが、その当時フランスにはたった二つしかなかった。ユジェーヌ・ドヴェリヤの頣鬚とペトリュス・ボレルの頣鬚とである!頣鬚を生やすには、実に英雄的な勇気と冷静さと俗衆に対する軽侮とが必要だつたのだ!      …… ゴーティエ『青春の回想』










YUY BOOKSさん。

2012.12.16.Sun.14:00
仮オープンはされていたようですが、本日本オープンということでしたので、五条新町北西角のリノベーションアトリエビル「つくるビル」の二階にできた、YUY BOOKSさんに早々に行ってまいりました。先月お知らせをいただいてから、楽しみにしておりました。

YUY BOOKSさんHP: http://yuy.jp/

明るい店内には、新刊と古本とが並んでいて、出来立ての香りというのか木の香りがとても心地よく、ウチよりも若干広いくらい、天井の高さも同じくらいであるのに、広々と感じられます。これは棚そのものの感じなのか、新刊が放つ眩しさなのかわかりませんが、おそらくセンスというものなのでしょう。ウチは出来たときから、どうも手狭だった感が…。

柔らかい雰囲気の御夫婦での運営です。

            yuy books1
よそのお店を撮る、というのは難しいですねぇ。ほとんど写っていませんが、サイドにも小さな棚があります。


カフェの方(上の画像の右手側)からも入ることのできる構造ですが、本屋さんとしての入口はちゃんとあります。
            yuy books2
ビル自体に常時人の存在があるので、なんとなく安心できる感じですね。

お値段もお手頃。ビジュアルブックも全体の割合からすると、現段階では多目です。

↓本日のお買いもの。
yuy books3

本オープンの最初のお客さんが我々だったようで、とんだ疫病神にならなければよいのですが…。








年末年始の営業のお知らせ。

2012.12.20.Thu.12:00

お客様よりお尋ねいただきましたので、下記の通りといたします。
もう年末か…。暇な店であるにもかかわらず、滞っている事務処理の山、山に呆然…。
(なお正月三が日を除いて、下記休業期間も古本の御買入いたしますので、出張、持込いずれの場合も御相談くださいませ。)

12月28日(金)まで 通常営業

12月29日(土)~1月5日(土) 休業

1月6日(日)より 通常営業



ソレよりもナニよりも、そのお客様、御結婚されるとのことで、あらためておめでとうございます。私の愚弟と同い年とのことで、なんだか勝手にしみじみしてしまいました。



******************

たまに行う私物横流し。
ただし、私物に関しては時機を見て割と早目に引き上げる場合もありますので、そのへん宜しくどうぞ。

seigen ono
なかなかよく出来たアルバム 幅広くオススメできます(演歌命!というような人でもないかぎり)

音楽本
シェーンベルクの方は、うっすら線引きあり 私は楽典脱落者なのでなんともなぁ…

ストライキ ストライキ2
VHS 1969年のサウンド版 字幕は梅本洋一氏 動作確認済
欲しい人がいればいいのですが… ということでこれは年内のみ出しておきます

ストライキ3






















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。