スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂いたクッキーが美味しかった日。

2012.03.03.Sat.01:01

GEDC1499_convert_20120302234600.jpg
『ミシェル・ルグラン 風のささやき』(音楽之友社 2004.3.10発行)
著/濱田高志


『アメリカの裏窓』『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』『女は女である』『華麗なる賭け』『愛と哀しみのボレロ』…などあげればキリがない程の映画音楽を手がけ、ボリス・ヴィアン、マイルス・デイビスなど大物音楽家らとの共演も多数のミシェル・ルグラン、その彼自身の公認本。
インタビューによるバイオグラフィも興味深いが、膨大な作品をジャンル分けし活動を振りかえったディスコグラフィが凄い。(本の3分の2を占めているといっても過言ではない)
ルグランに「私よりも私の作品を良く知る友人の仕事」と言わしめた濱田氏の、ルグランとの交流に至ったそもそものきっかけも凄い。いつも空回りばかりしている私のそれをまだ信じたいと思わせる、著者の情熱を感じた。
装丁が宇野亜喜良で、既に絶版というのも驚き。




様相変わって、こういうのも入りました。2000年代のものです。「タブーなき雑誌」を標榜、というのはいいですね。外の均一箱に出しておりますので、噂と戯れられる強靭な方どうぞ。
GEDC1501_convert_20120302235153.jpg



しかし買取は面白いですなあ。
*雑誌は、お買取/お引受けできるタイトルがかなり限られております。必ず一旦御相談くださいませ。



映画とタブーと出たところで、3/16(金)に100000tで「本邦公開不可」な、宣伝も積極的に出来ないというような類の映画の上映会があります。完全にクチコミで集めるしかない模様。内容を聞いてみると、個人的には「それほどにそれほどでは?」という感じではありましたが、ワタクシも世間と感覚がずれておりますので、世間というか社会は許さないのでありましょう。まあ観ていないのでこれ以上はなんとも言えませんが。21時開演、100分。勿論無料です。





空夢箱さん御来店で(何度もスミマセン)、お店の様子などをうかがう。嘆いたり、居直ったり?感情の振れ幅が(働きながら飲食も兼ねた一人での運営なので色々大変だろうと想像するに難くない)面白い。でもこういうヒューマンな人のお店のほうが、実は長く続いたりするものだ、と昔から勝手に思っていたりする。中津という街との関係をいつも考えているのは素晴らしいと思う。

空夢箱さんブログ:http://sorayumebako.blog137.fc2.com/







スポンサーサイト

ストライクゾーン

2012.03.07.Wed.23:58
 
なるものは実はそれほど確かなものではないので、その不確かなストライクゾーンに向かって、自分の投げる球がストライクかどうかなど気にしないで、そしてさらには球ばかりにこだわらず槍でもなんでも、これはもうすでに野球ではないのかもしれない、などと気にしないでとにかく投げろ!(そんな事は書いてありませんが)という姿勢を後押しするような小説家・保坂和志と劇団FICTION主宰・山下澄人の対談が載っているフリーペーパーを100000tから少部数お裾分けして頂きました。興味のある方はどうぞ。



そして、明日はゼストでこれ↓
             IMG_convert_20120221135113.jpg





まんが、マンガ、漫画、MANGAAA!!!

2012.03.10.Sat.01:01

『河童の三平』(二見書房)全4巻揃
水木しげる 
売切れ
GEDC1510_convert_20120308220255.jpg

サラ文庫(二見書房)の三平です。
カバーのイタミ具合は相当です。↓は一番劣化の激しい1巻。本文は良。
GEDC1512_convert_20120308221508.jpg

IMG_0002_convert_20120308161907.jpg

劇画工房のメンバーであった桜井昌一が興した東考社の桜井文庫シリーズからの「兎月書房版河童の三平」配本開始と同時期に出版されたというこのサラ文庫版(昭和51年3月~)は、当時の二見の担当者が桜井文庫の存在を知らずに契約してしまったとのことですが、本当にそんなことってあるのでしょうか。今ではとても考えられないような二重契約…。

売って頂いた方に「読んだことがないのなら是非読んで」と薦められたので、読ませていただきましたが壮大なエンターテイメントだったのですね。それでいて変な違和感がない。思わず夢中になって読んでしまいました。タイトルは知っているけど読んだことがなかったという私のような人は意外と多いのではないでしょうか。是非どうぞ。

解説①平野威馬雄②加太こうじ③鶴見俊輔④石子順造


vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

『岡田史子作品集1』
GEDC1509_convert_20120308221008.jpg
『岡田史子作品集2』
GEDC1508_convert_20120308220731.jpg

以前別のお客様からサンコミックス版の作品集を読ませていただいて、興味がわいていたところであったので、まさか割とすぐに手にできるとは!と喜んでおります。画風や神話に起因するような詩的内容に好みは分かれるところですが、昔本気で天使になりたくて激しく挫折した人には、惹きつけられるものがあるのではないでしょうか。すごく適当ですが。

GEDC1513_convert_20120308221651.jpg
作品集1収録作品
太陽と骸骨のような少年
フライハイトと白い骨

ポーヴレト
天国の花
ガラス玉
青と赤
サンルームのひるさがり
春のふしぎ
いずみよいずみ
胸をだき 首をかしげるヘルマプロディトス
ホリディ
赤い蔓草part1
赤い蔓草part2
ワーレンカ
夢の中の宮殿
GEDC1515_convert_20120308222112.jpg
作品集2収録作品
ピグマリオン
死んでしまった手首
私の絵本
イマジネイション
邪悪のジャック
死んでしまったルシィ
ほんのすこしの水Ⅰ
気のどくな乞食
ほんのすこしの水Ⅱ
月の女
墓地へゆく道
トッコ・さみしい心
いとしのアンジェリカ
黒猫
無題
愛の神話
GEDC1514_convert_20120308221844.jpg GEDC1516_convert_20120308222253.jpg





ぼやっと

2012.03.12.Mon.00:30
してたら、風呂の中であたためていたアイデアが薄れてしまったので、まぁいっか。

黛敏郎の歌劇「古事記」を観た。あーなるほど、この時からすでに人間は…的な感想が漏れる。

昨日紹介してた「河童の三平」面白いですよ。狸のセリフにおもわず目頭が…
そんでもって、再度宣伝ですが「黒のマガジン」第2号の水木特集と合わせて読めば面白さ倍増するかと。この特集ほんとに良く出来ているので、水木ファンの方もそうでない方もオススメします。
黒のマガジン





Hamtai.

2012.03.14.Wed.21:47
 憶えたてのコバイヤ語(出典が怪しいので間違っているかもしれませんが)でご挨拶。かの星の方々もやはり"H"は発音しないのだろうか?


 Yさんご愛用のお店cuccia藤井大丸店の店長さんが、かわいいお子さんを連れてご来店。最初は恥ずかしそうでしたが、だんだん慣れてこられて、帰りしなにはハイタッチではなく、ロータッチ?をしてお別れしましたが、文字通り擦れてない手のまあなんと柔らかいこと!わざわざ五階まで足を運んでいただいてありがとうございました。

 
 ※Y乙女花粉症目鼻滅茶苦茶頭茫故明日休息。





 

スタトレ。

2012.03.15.Thu.13:13

「花粉症目鼻滅茶苦茶頭茫故休息」したかったのですが、昨夜お買取分を出したかったので小出勤。
あ、Tさん、Nさん、普段から冴えない受け答えばかりですが、昨日は先の理由故、もっと冴えない感じですみませんでした。Kさんによれば、非常に鼻声で「モゴモゴ何言っとるかわからん」そうです。しばらくしたら落ち着くと思いますが、不思議なのは時を同じくして湧いた異常な食欲。毎年花粉症には罹るのですが、近年稀にみる強さで欲望が渦巻いております。薬を服用したりしているわけではないのですがねぇ。



GEDC1534_convert_20120314210245.jpg
左)The Star Trek Encyclopedia ~A Reference Guide to the Future
(スタートレック エンサイクロペディア ニュー・エディション)
右)Star Trek Where No One Has Gone Before ~a History in Pictures(洋書)


左の方は、御存知STAR TREKのアレコレがわかる百科事典です。と読んでお察しの通り、全くわからないわけではないですが、昔TVで何度か目にしている程度で、正直私ほとんどよくわかっておりません。スタトレファンからはかなり支持されている本のようです。翻訳版のエンサイクロペディアに関しては、DAI-X出版から発行されたこの第3刷(版元品切)以降は出ていない模様。
最近ファンになったという方や、発売当初高くて手が出せなかったという方、どうぞ。どちらも定価の3分の1前後で販売中。


他にも入荷の本、出しております。野村喜和夫がよかった。



お、アンタもたまにはいいこと言うネ。

2012.03.18.Sun.00:00




夜、カジさんより御連絡。

まさかの第2弾!小説家、保坂和志がまたまた京都にやってくる!『保坂和志×山下澄人トークライブ』4/20(金)18〜21時、たっぷり3時間!(今回は延長戦なしです)入場料1500円。ご予約は100000tまで→075-756-7986(12〜20時)……以上twitterより転載
http://100000t.blog24.fc2.com/

だそうです。前回の盛況っぷりからいくと、早目の御予約がよいのかもしれません。





季節の変わり目、加えて誕生日が近いので、様々な思いが、往来することなくただひたすら胸を打ち抜き突き破ってゆく。破れ目はその度に拡がるけれど、そこから無謀な青空を、その拡がりをせいぜい確認できるのなら、それでいいじゃないか。
Oさん、昨日はどうもありがとう。いつかあなた達の写真を撮らせて欲しい、と願う。




細工…

2012.03.19.Mon.03:19
 初めてラヴェルの「ボレロ」をちゃんと聴いた(といってもユウツベで、ですが)。モーリッツ・ヴァン・オズワルドとカール・クレイグがドイツ・グラムフォンからの委託で「ボレロ」を再構築した作品があるのですが、その作品であのメロディが「ボレロ」のだとうい事を知った次第。あのメロディは昔から記憶の刷り込みがあり、幼少時に行った生駒山上遊園地の館内の音楽だったか何か忘れたがここで聴いたことだけは憶えていて、それと夜のイメージがワンセットになっていて、何か怖い印象があった。しかし原曲がこんだけ反復している曲だとは知らなかった。

 サラ・ブライトマン「Time To Say Goodbye」なんぞを聴いていて、閉店ソングやね~、という感想がもれたりしていたのですが、その曲の伴奏?の音を聴いて、何故か「ボレロ」と繋がったという訳ですが、そんな事よりも、Mさんからポロッと教えていただいた謎の漫画家の方をご紹介。その名も”ひうち棚”さんという方です。今後の活動に注目!
 詳しくはこちら→http://hiuchitana.blog.fc2.com/

 




昨日の雑記。

2012.03.21.Wed.03:21

神戸は春日野道のぴらにやカフェさんが御来店で、「店ってさぁ」のような話を適度にして、その後、いつもの王道コースを御案内さしあげました。時間をあまりかけられなかったけれど、雑貨屋訪問が楽しかったですね。りうしさん、お客さんと雑貨屋巡りのツアー組んだらよいのでは、などと勝手に思う。
ぴらにやカフェHP:http://www.piraniyacafe.com/
ぴらにやカフェtwitter:http://twitter.com/#!/piraniyacafe/

 戻るとフルートとハープのユニット行灯社さんがお二人で来られていて、この前のライブに行けなかった私としては、今度こそ「行く行く詐欺」を改めようと陳謝。



久々のK(山坂書房Mセンセ弟子)イラストギャラリー
(推測されうる関係各所に対して悪意は100%ございません)

ぴら☆やカフェさんキャラクター風。後ろの怪獣みたいなのは熊なのだそう。
piraniya1.jpg piraniya2.jpg

カライ☆ブックスさんキャラクター風。
karaimo2.jpg karaimo1.jpg

くま☆ン風。
kuma.jpg

ウチも何かキャラクターでも考えよう之結果図。鮭の代わりに本を咥えて、ブックマ。(BOOK+くま)多分採用しない予定。
bookma.jpg

尊敬している先輩風。
senpai.jpg

猫風。
neko.jpg

ウチの店長。
tencho.jpg
GEDC1412_convert_20120104225956.jpg 昼間は寝とるよ。

自画像。
K.jpg

こけし。
kokeshi.jpg
006_convert_20111207211009.jpg 顔オッサンやん!

こけしは今週末イベントがありますね。
IMG_convert_20120225171610.jpg IMG_0001_convert_20120225172020.jpg




春は眠いのか。

2012.03.24.Sat.01:53
 花粉症のピークが過ぎたが、体がダルく眠たいのは春のせい、ということにしておこう。

 本日覚えた身近なラテン語
 video(oの上に-がついてます)/(私は)見る
 audio(oの上に-がついてます)/(私は)聞く


 GEDC1412_convert_20120104225956.jpg
三寒四温といきたいっすね~





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。