スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月ですか。

2011.09.01.Thu.23:51
 店舗物件を探していた時から約1年が経った。早かったとか、長かったとか、って特別何か思うわけでもないが、ああ一年か~といった具合です。まあ、良い意味で変な事に片足を突っ込んでるな、ていうぐらいかな、強いて感想めいた事を言うなら。


 明日からの天気とそれに伴う諸々の事が心配です。





スポンサーサイト

アレがあるとき。

2011.09.03.Sat.00:49
 だが、昨日も雨が降ったり止んだりの天気の為、まあ致し方なし。今日の方が天気が酷くなりそうなので、弱気発言をしてYさんに一喝される。

 本日もしご来店の際は、台風の進路状況にもよりますが、あんな物やこんな物まで飛んでくるやもしれませんので、十分お気を付け下さいませ。


 ところで、アレって何かって?

 関西でお馴染みの食べ物のことですやん。



こんな強風の中

2011.09.04.Sun.01:45
Hさんこと、古本よあけさんがご来店。ありがとうございます。以前から紹介しようと思っていて、昨日は直接承諾を得たのでリンクを貼らせて頂きます。

 なんでも来週の日曜日の9月11日に奈良で開催される一箱古本市「大門玉手箱」に出店されるとの事。ほのぼのとした雰囲気のいい感じの市という印象をこちらが勝手に持っているので、興味のある方は足を運んでみては如何でしょうか。


 そして閉店後は昨日の開店から32時間営業最中の100000tへ。早くも眠そうなカジさんに「あんたらもやってみたら?」と無茶振りされるが、ただでさえアレなのにオールナイトで営業しても需要があるとは思えない… 今のところ?却下。







 

スピーカーマークヲポッチットネ。

2011.09.04.Sun.22:54
 まずこちらからどうぞ。

 そしてこちら
 
 



アーバンな感じがお好きだとか。

2011.09.05.Mon.23:44
 ここ二三日はYさんが夕方ぐらいから色々BGMを選曲してます。とっても80年代~90年代の香りがプンプンしてます。聴いた事あるけど、誰の曲か知らないのが多く、時々はその曲から連想してたまにリクエストもします(久しぶりに懐かしい「BLACK WATER」を聴いた)。
 
 どのような流れで郷ひろみの変なタイトルの曲(ナントカ アバンチュールやったような)を聴くことになったのか忘れましたが、とにかく聴いていたら階段を上がってくる足音が。もう閉店間際の時間帯に何方かなと思ったら、今度店が入っている前の道路の電柱の工事をするから、それの説明というか挨拶に業者の方が来られた。といって急に選曲を変える事も出来なかったので、ミスマッチ?具合になんか両方がバツが悪かった。
 
 そして締めはプロジェクトA(Xでは無いです、念の為。XといえばスパルタンXの方の主題歌も聴いたが、全然記憶になく、むしろファミコンのゲームの方が懐かしかった)の主題歌を聴きながら店内掃除。足取り軽く何故かはかどった。

 


HIGE

2011.09.07.Wed.23:50
 今日は店に着いたら、QUEENがかかってた。若き日のフレディーの顔がどうしても同一人物に見えない、とYさんが言う。きっと歳もあるが鼻の下のヒゲのせいでは無いかと。ヒゲがあるだけで随分顔の印象が変わる、という事で早速私の顔にヒゲを描いてみるが、ただ可笑しいだけだった。 





明日9月8日(木)はお休みです。


猫になりたい。

2011.09.08.Thu.23:23


休みのようで休みでない日。


本一箱分くらい入荷。目立つところでは『石井好子と水森亜土の料理の絵本』(文庫)とかアルトーの『ヘリオガバルスまたは戴冠せるアナーキスト』とか『マラルメ詩集』(洋書)とかエピステーメー叢書の『しじまの音』、文庫版の海外小説短編集みたいなのとか。ヴィジュアル系&面白系(これは人によって異なる)は、なしです。掃除をしてから、ちょろちょろ出していきます。(読んでから出すものもある、かも。)




月の光が真っ直ぐ明るくどこまでも入ってきそうで、かえって自分の中に秘密という名の影を探してしまいそうな夜。


で、そんな夜は塀の上に猫がいるのをよく見ます。月光浴だろうか。私も昔はよくしましたが。

001_convert_20110908222325.jpg


私はこれで

2011.09.09.Fri.22:30

中学生の時、アガサ・クリスティーを読めなくなりました。



世界推理小説全集第4巻
『黄色い部屋の謎』(東京創元社 S31.3.31) 外函無
ガストン・ルルー  水谷準訳


言わずとしれた名作。装丁が花森安治なので、これはもうインテリア用ですね。
私は日影丈吉訳で読んだような、そうでもないような…。





004_convert_20110909220033.jpg
ペーパーバックサイズのマラルメの詩集。フランス語を苦としない羨ましい方どうぞ。




単純、あまりに単純。

2011.09.10.Sat.00:01
 晩飯を食べていたら、カナブンが蛍光灯の傘の周りをゴツゴツと音を立てて激しく旋回していた。さすがにご飯の上に体当たりされたら困るので、しばらく見守っていたら動きが止まり、姿を眩ませた。まだ傘の中に入った様子はない。その後、気にはなりながらもご飯を食べ終わったら、またもやブンブン鳴リなり出した。そして、彼?にとっては念願の傘の中に入ったは良いが、しばらくして下から見上げると大きな黒い影が動かなくなった。アホやな~と思うも、こっちも大してやっている事は変わらへんな、とひとりゴチ。


 昨日も懐かしい単語が飛び交う日となり、「特攻野郎Aチーム」や「ナイトライダー」などなど。その流れで映画のテーマ曲をいくつか聴いたりしたが、私にとっての映画のテーマ曲と言えば、色々あるが先ず思い出すのが「ロッキー」のテーマ曲で、実の兄が勉強中に気合いが入る、との理由で良く隣の部屋から聴こえていた記憶が。その後私も中学生の時は気合いを入れる為、勉強中と言いたいところだが、あいにくそんな事はなく、筋トレしている時に聴いていたもんです。


 

『劇画家殺し!』京都上映会のお知らせ。

2011.09.10.Sat.22:30
関西上映初!!!
劇画家殺し!チラシ


 ちらちら告知していた、顔画工房作品映画『劇画家殺し!』の上映会をいたします。大阪、神戸での顔画さんが携わったイベントは数あれど、京都ではなかなか珍しいのではないでしょうか。
 
 なおありの文庫主催ですが、上映会は100000tにていたします。本当はありの文庫でしたらよいのですが、丁度10/18~10/31に行われる「きょうと小冊子セッション」に顔画工房さんが尻プロのメンバーとして参加されるということもあり、是非多くの方々に観ていただきたいと思ったので、ありの文庫三つ分の(広さの)100000tさんをお借りすることにしました。カジさんどうもありがとう。


 映画は、貸本時代の漫画家達の愛と裏切りを足して三くらいで割った悲しみが、ドス黒い野望へと変わっていく様が描かれております。嘘です。肝心のお話の概要(予告)はこちらでどうぞ。

→ http://www.youtube.com/watch?v=KMnKYdSAYoo&NR=1
  http://www.youtube.com/watch?v=34QcG6vHj5A&feature=related

顔画工房HP:http://www.rak2.jp/town/user/kaoga/
※「きょうと小冊子セッション」では、炭子部山貝十を名乗っております。

☆詳細☆

日時:10月23日(日) 18:00開場   18:30開演 (本編約2時間かどうかは編集次第)
場所:100000t http://100000t.blog24.fc2.com/
  (じゅうまんとん 京都寺町御池上ル市役所横に存在するレコード・CD・ふる本屋さん)
   〒604-0925 京都市中京区上本能寺前町475 雅会館3階
料金:500円(ドリンク・お菓子付)


顔画工房さんの作品はコチラ。
顔本 顔画工房さん『劇画 黒座敷』

ちなみに山坂書房のおふたりもアシタモさんも出ております。
山坂第五号 アシタモさん『冒険少女』



ヨフカシ市5
あんたもか…!




このイベントの裏趣旨は「Yと顔画さんが出会って10周年記念おめでとう」、です。極めて個人的です。しかしこういう記念めいたものがなければ、私のような面倒くさがりがこの先積極的にイベントをすることもないでしょうし、顔画さんが京都でというのも極めて珍しい、の貴重なイベントとなります。特に奇特な方、お待ちしております。


チラシは刷上がり次第配布いたします。


そしてしつこく告知もいたします。皆様どうぞ宜しくお願いいたします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。