スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月になってもうた。

2011.07.01.Fri.22:07
 なにげなく店内にある「ジャズ ベスト・レコード・コレクション」油井正一(新潮文庫)をパラパラ読んでいた。まえがきに何個か見出しがあり、最初は<レコードこそジャズを記録する唯一の手段>とあり、譜面に書き表せない音楽がJAZZなので、レコードがクラシックにおける総譜になる、という様な事が書いてある。譜面の代りとしてのレコードね。ふんふん。
 そしてその次の<ジャズ・レコードの効用>の中にちょっとビックリする記述が。コンサートで聴く音がモノラルで、家のオーディオより音が悪いからレコード万歳とな。この当時の各家庭のオーディオ事情はわかりませんが(この文庫の発行が昭和61年で書かれた年も多分同じ)、そんなにコンサート/ライブのPAって悪かったんですかね?今の時代はコンサートやライブの方が家庭のオーディオセット(と呼べるモノがある人も少ないと思う)より音が良いと思うのに。それとも音の良し悪しよりも、ただ音が大きくなって誤魔化されているケースもありうるが。どっちにしても、コンサート/ライブで聴くよりレコードの方が音が良いという時代があった、らしい。
 録音物が色々な時代の人にとってどのような存在であったかを、こうゆう何気ない記述で知るのは面白い。


(つづき)

 これを書いている時に隣からYさんがちゃちゃを入れてきて、私の文章を音読しだした。なんでこんなに恥ずかしいのか。とにかく声に出したくない日本語。
 多分、渡部直己やったかな?が大学の授業で小説講座みたなものやっている時、課題で書かせた自作の小説を出来の悪い生徒には音読させて、みんなの前で恥かかせた。という逸話を思い出す。ほんとに恥ずかしい。
 






スポンサーサイト

三十路過ぎの玉蹴り仕様身体考。

2011.07.02.Sat.23:51
 サッカー界では30歳を越えるともうベテラン扱いらしいが、ほぼ毎週やっているフットサルは出来るとこまでやるつもり。
 5年くらい前にウチの実の兄貴が甲野善紀氏の本をくれたのがキッカケで、体に負担のかからない身体運用という事はこの人がやろうとしている事のあくまでも基礎の部分になってると思うが、私自身が身体の使い方という事を考えるようになった。一時期集中的に著作を読んで、それ以降は自分で色々試してみたりしつつ、という状態が今でも続いている。それの成果という効果が出ているかは良くわからないが、今でも年下の人達にまじってなんとかプレーが出来ている。せいぜい実践しているとしても、主に歩き方の研究という程でもないが、ちょっと意識するぐらい。別に健康の為どうのこうのではなくて、年齢を重ねてもプレーが出来るようになる為にやってるだけで、それほどストイックなわけでもないが、案外日常生活の体の使い方を意識してやる事自体が面白かったりする。
 
 



☆ 7月5日(火)は、お休みいたします。


ウチノネコムスメ。

2011.07.03.Sun.21:50
IMG_convert_20110703184712.jpg
本を愛するYさん家に舞い込んで来た一冊の本。おそらくオニタロウさんが本を買った場所は「あ●の文庫」…か?

IMG_0001_convert_20110703184757.jpg
私は全然心配していませんが、アルバイト実はやってたんですね。どうせ稼いだ分は全部アレに費やしてんのやろ。


IMG_0002_convert_20110703184827.jpg
やっぱりね。エンゲル係数高過ぎですよ。そんなにがっつかないで、ご飯はもっとゆっくり食べましょう。






※画像は猫の話ばかりを集めた『妖猫夜話』(水木しげる)より。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

山坂第五号
発売中の『山坂』第五号に掲載の、顔画工房作品「アタリメ君」裏話が書かれております。
へえほおという感じです。
http://09020586.at.webry.info/201107/article_1.html
顔画さん、いつも宣伝誠にありがとうございます!





お返しに宣伝。東京での上映会です。

2011年7月31日(日)場所は東京での上映会では御馴染<よるのひるね

↓以下コピー。

顔画工房製作初の長編映画「劇画家殺し!」(裏版)一回限りの上映が決定いたしました。

場所●よるのひるね
時間●16:00~
料金●当日1200+1ドリンク500円
     予約1000+1ドリンク500円
司会●皮フ科(予定)
ゲスト●山田参助・幽谷マサシほか(予定)※変更される場合があります。
★尻プロ関連グッズ(Tシャツ、DVD、シナリオ本、ステッカーなど)の販売有り。
★おまけの封印映像など時間があったらポンポン流します。

映画「劇画家殺し!」
解説●短編実写アニメ作品「銭座敷SvsM」から6年。顔画工房がついに長編映画に挑戦。
関西自主映画界伝説の興行主、鉄ドンの星野久雄とタッグを組み、実話を元に無茶苦茶暴走した劇画映画が完成した。
音楽は、今作品の出演者でもある山田参助をボーカルとする泊がオリジナルテーマを作曲している。






☆ 7月5日(火)は、お休みです。




2011.07.04.Mon.22:05
 歯医者に行ってこのままだと20年後には…と脅される。もう後戻りは出来ないとな。せめて現状維持するよう努めなさいと。了解したが、それでもそんな先の事なんて想像出来ないよ、と呟きながら。

 
 去年の今日に、束の間だったが何かが流れ出る感覚を味わった。
 その何かが流れ出た感覚をまた味わう為にアレコレやったり、やらなかったりしていたら、いつの間にか…と思いながら、今日は無為に過ごした。





☆ 明日、7月5日(火)は、お休みです。



散髪屋にて。

2011.07.05.Tue.23:40
 美容室と呼ばれる所に行ってはいるが、どうも美容室と言うのが恥ずかしいので、つい散髪屋と言ってしまう。そこのお店は独立開業されて8年経ち、オープン当初から通っていて、以降ずっと同じ所で髪を切ってもらってます。何と言うか、相性が良いのでしょう。
 
 お店の方はどうですか?みたいな話になり、いや~ね~、とモジモジ。そこで、同じお店をやっている者として業種は違えど先輩にあたるので、8年間ってどんな感じでした?と質問。1年目、3~5年目、それ以降、みたいな大きな括りで話を伺う。年間通して見えてくるモノや、掴めてくるリズムがあるそうだ。きっとそうなんだろうし、そんな事はわかっているのだが… 

 ボチボチ行こう。








宣伝。

2011.07.07.Thu.12:30
顔画工房制作自主映画『劇画家殺し!』の予告編完全版がUPされたようなのでリンクを貼っておきます。Kは劇画工房のメンバーの一人を、Yはちょろっと画面汚し程度に出させていただいております。どうぞ御笑覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=KMnKYdSAYoo&NR=1


(別バージョン)
http://www.youtube.com/watch?v=34QcG6vHj5A

ありの文庫にてミニコミ取扱作家のアシタモさん、山坂書房のおふたりも出演されております。勿論顔画さんも!


2011年7月31日(日)、東京は御馴染<よるのひるね>にて公開予定!




お恥ずかしいかぎり。

2011.07.08.Fri.00:12
 自分の動画を見るなんて、小学校のサッカーの試合以来だろうか。なんだかね~、演技なんてもんじゃない。それに発声が悪いと感じたし、台詞もほぼ棒読み。って反省して何に生かそうとしているのか?しかし、なかなか良い経験をさせてもらいました。改めて機会を与えて下さった監督に感謝。
 この映画の映像を見るのは実はこの予告編2つが初めてなので、本編がいったいどの様になっているのか楽しみにしていますYO!監督。
 

 
 


 

Individual Orchestra "Music From a View"

2011.07.09.Sat.22:01
IMG_convert_20110709150057.jpg

 
 今回はDJとして有名な田中フミヤの別名義「インディヴィジュアル・オーケストラ」の作品をご紹介。2003年リリースの時の夏に、同じ時期に発売してた作家の保坂和志の「カンバセーション・ピース」のBGMとして良く聴いてた一枚。 ちなみに私が保坂和志に興味を持ったキッカケがこの田中フミヤ。なので、あながちこの2作品をリンクさせるのも間違いではないかと個人的に思ってます。
 自身で撮りためた写真や映像から音楽の構想を練り(これのDVDバージョンも発売してた)、そして外の環境でラジカセで聴いて合うかどうか何度もチェックしたと、当時のインタヴューで言ってた記憶があります。収録してる生ドラムも記憶違いでなければ村上ポンタ修一さんが叩いていたり、DJツアーで各国をまわっている時に撮りためたフィールドレコーディングの素材も使ったりと、彼のメインの活動であるクラブで機能するビートが主体の音楽というより、普段の生活の中の何気なさを作品化したと言えばいいのか、悪く言えばマジカルな瞬間は無いが、何というかとても乾いた、暑苦しく無く、かつ控えめな所が良かったりもする。
 




夜ふかし市5@京都タワー4F

2011.07.10.Sun.23:50
文化喫茶たこ焼きマーガレットのたこ焼きと音楽以外はまるでダメダメ?なS木君が、聡明な彼女と御来店。「で、最近はどうなのさ?」と先輩らしく突っ込んできたので、「ハイセンパイ、以下の様な催し物にこっそり参加しますのです」と恐縮しながら答える。(S木君、わざわざの御来店ありがとうございます!)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

IMG_convert_20110710191556.jpg

IMG_0001_convert_20110710191800.jpg
 
 恒例の「夜ふかし市」がデラックス版で今回は昼間に開催。今回はありの文庫も出店します。なので、当日は多分お店の方をお休みにする予定です、よねYさん。

 「夜ふかし市」のtwitterはこちらhttp://twitter.com/#!/yofukashiichi

 そして現段階の出店者リストはこちらhttp://hrkngn1982.exblog.jp/16199094/


「何をしているのかよくわからない之図」
カジさんこのチラシを持って「100000t」のカジさんがご来店。こちらからチラシを貰いに伺おうと思っていたのに、わざわざ暑い中またもや先輩に来させてしまい恐縮。写真は隠し撮り、では無くちゃんと許可を貰って撮影。なんでこの構図やねん、と突っ込まれそうですが、お許しを。
 
 

IMG_convert_20110625175920.jpgそして、いよいよ来週の土曜日7月16日から始まるさらさ花遊小路の古本市にも出店される「きりりん堂」さんもご来店。祇園祭まっただ中の時期なので楽しみですね。こちらもお忘れなく。100000tさんも出ます。
 詳しい開催場所はこちらhttp://sarasaka.exblog.jp/





ワン セブン。

2011.07.11.Mon.23:20
 今日の日付でふと、某チェーン系コンビニの日ではないかと思い、検索してみたらビンゴだったけれど、近所にあるその名のコンビニでは特別何かをやっている様子なし。で、ふと思い出したのがタイトルにある「ワン セブン」という単語。
 実は私が小学校低学年の時に、可愛がってもらっていた高学年の先輩達に付けてもらったあだ名。由来は不明。ちなみにあだ名と言えば、これまた小学校低学年の時に学校の行き帰りに友達と自分のあだ名を一日づつ増やしていく遊びもやってた記憶が。ジュゲム、ジュゲム…を多分習いたてだったのだろうか。最終的にはかなり長い名前になったと思うが今憶えているのは、最初のクリクリボッキックインディアン…まで。ガキんちょ丸出し小学生時代。

 





☆ 7月14日(木)は、お休みいたします。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。