スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本年もあけましたか!

2011.01.04.Tue.09:30
 
 あけましておめでとうございます。本年も何卒宜しくお願いいたします。



 今では知る人のみぞ知るという話ですが、実は私Yは、昔絵も描けば漫画も描いておったのです。(あくまでも趣味)だからどうした、な話ですが、漫画はほとんど読みませんが、技術的なことくらいならわかりますよという、全く無知ではないということだけお話しておこうかと。でないと、ミニコミ預けてもらってる作家さんが不安になりますものね。

 ということで去年できなかったミニコミ紹介から!


まずはアシタモさんの「冒険少女」から。

IMG_0002_convert_20110101080710.jpg

 関西圏在住で、ん?この絵柄は見た事がある…!という方おられるかもしれません。以前某Pi・○・Paカードの広告の4コマ漫画を描いてらしたのがアシタモさんなのです。(関西おでかけマップという名前だったか駅に置いてある小冊子に掲載)当時は、勿論誰が書いてあるのか知りませんでしたが、「今ドキ珍しく平和なオチをつくる人だなぁ」と個人的にこの漫画を楽しみにしていました。
 そう。アシタモさんの漫画は、逆に何か恐ろしい意味を含んでいるのではなかろうかと疑ってしまうほど、とても「平和」なのです。さらに漫画を描きだしてからまだ十年ほどで、この線を獲得しているのは本当にすごいと思います。特に美大等出られているわけではないようなので、何というか研究熱心なのでしょうね。
 あと特徴的なのは登場人物が語りかけてくることですかね。「皆さん~」といった具合にね。読者とコミュニケーションを取ろうとすることによって、実はかえって「これはつくりごとなのですよ、お話ですよ」という認識或いは距離感を生じさせるわけですが、そのことはとりもなおさずアシタモワールドと相まって「これは素敵な嘘である」ということに気づかせてくれるのではないでしょうか。ものをつくるうえで「素敵な嘘をつける」、というのは大事な要素のひとつだと思うので、アシタモさんにはこの世界観をもちつつ、緩やかにさりげなくも変化していってほしいですね。(出ました!Yの何様批評!)

002_convert_20110102000302.jpg

 タイトルは少女、となっていますが表紙の3人があっちこっちで大活躍!そしてそのパワーの源となる「はちみつ団子」をくれるクマさんも毎回登場します。時々クマではなくなってる時がありますが。(笑)



 お次は顔画工房さんの「劇画 黒座敷」。これは何年か前に、お仲間の関根しりもちさんらと一緒に「佐藤黒座敷」というタイトルで映画化されており、インディーズ・ムービーフェスで入選かなにかされているはずです。ちなみに映画と漫画は物語が違います。

IMG_0001_convert_20110101082120.jpg

 夢野久作の「人間腸詰」を連想させるくだりなどもありますが、ほろりとさせるオチをつけていたりするのも顔画さん特有というか。黒っぽい画面、この線、こんな反(アンチ)スタイリッシュな内容(すみません…)でありながら、徹底したグロさに行きつかないあたりがこの人の特徴かなぁ。映像作品は結構「やってしまったね」というのがあったりするのですが。残念ながら私にはわかりませんでしたが、知っている人やある世代の人にはわかる細かいネタが満載のようです。

003_convert_20110102000438.jpg

 この5人が「佐藤兄弟」です。この5人があちらこちらをかき回します。正直、展開というより転回が早く、体力も気力も消耗します。でも読後感はカタルシスこそありませんが、何だかさっぱりした感じ。



 そして藤本和也さん主宰の「黒のマガジン」。(顔画さんも参加)

IMG_convert_20110102005035.jpg

 第2号ですが、何と3年ぶりというマイペースさ!幼い頃から水木しげるの大ファンという藤本氏が色々な角度から水木を大解剖しています。「ゲゲゲ」ブームにのったのではなく、あれこれしていたらこの最中に出すことになってしまった、というところでしょうか。

004_convert_20110102001133.jpg

 私は映像でしか藤本さんにお会いした(見た)ことがないのであれこれと知らないのですが、元々は自分の漫画を発表したくてこの「黒マガ」をつくった、というように聞いたことがあります。藤本さんの描くキャラクターもアシタモさん同様「可愛い」感じのキャラです。一方ストーリーはというと、掲載の「ふらふらふらり」は「若さゆえのなんとか」な感じ連綿といった摸様ですが、キャラゆえ深刻な事態にはなりません。そのかわりいつまでも終わらない感じがします。作戦だろうか。ま、このお話の決着が非常に楽しみですね。
 それよりも天狗のお面をかぶった(ゆえ言葉は発さない)女の子が出てくるシリーズが個人的には好きですね。何故に天狗…?とあれこれ想像してしまうのですが、これまた彼女がお面を取る日はくるのか?と楽しみなところ。


☆現在は以上の3タイトルのミニコミを取り扱っております。基本古本屋ですので、置いてもらいたい作家の方にはこちらが声をかけさせて頂いてます。申し訳ありませんが、持ち込み等は御遠慮下さいませ。



 本日も店で仕事をしようかと思ったのですが、いざ行くと睡魔には勝てませんでした。寝ました。仕事は少しだけして家にお持ち帰り。しかしGケ書房さんに売上を貢献してしまった、山坂発行の掌編漫画誌「土地」を読みだして止まらず。沸騰してる鍋を無視して読みふけりました。今回もOさんの「桃」から期待裏切らず。(期待以上です)本当にずっと続けてほしいですね、山坂のお二人には。



 ようやっと長めの雑記終わりました。しかしまだまだ仕事!

 明日より通常営業いたします。あと来店の際、迷われる方がおられるようなので一応書いておきます。烏丸通と錦小路通交差する場所を東側に入っていただき少し歩きます。当店不親切ゆえ、ビルの外にオリジナルの看板だしておりません。ビルの壁には一応プレート掲げております。ビルの南側は大丸駐車場です。1階は焼肉屋さんで、その脇の階段をあがっていただくようになります。1フロアに1店舗ですので、上がっていただいたらすぐ文庫着です。
昔の記事→ありの文庫とは?


 あと個人的な連絡。Yの友人たちへ。今年も携帯電話を持つ予定ございませんので、何も期待せず今までどおりの対応でお願いいたします。(前もって~する、ということです。了承済みだとは思いますが。)


 なお1月16日(土)は、臨時休業とさせていただきます。

スポンサーサイト

ある日 森の中

2011.01.07.Fri.16:51
クマさんに ではなく これ に出会った。

虎の威を借る頓馬なふたり。

2011.01.09.Sun.00:33
「いい加減、休憩したい」「しかし眠い」「K遅すぎる」頭をカウンターに突っ込んだり、いやいやと思い直してまた出してみたり、といつもの行動を繰り返して、遅番のKを待っていた午後。

 Yの所持品であった書籍は「絶対に売らない」&「赤面するほどの書き込みの多さゆえ売れない」一部を除き、全て店頭に捧げてしまった為(あらら、お里が知れます)、補充分としてK宅の蔵書(ここだけで本屋がつくれそうなほど膨大!)をいただくということになったのです。Kのお母様がよけておいてくれるものを(お母様、いつもすみません)、息子がさらにピックアップするという作業をしていた為、Kは遅刻気味で登場。しかも持ってきたものが文庫4冊って…。

 嫌味をちくちく飛ばしていたときです。階段をのぼる人の気配が。慣れぬ音に二人して固まっていたところ、一人の男性が登場。一瞬、よく似ていたので私の学生時代の友人かと思いましたが、今連絡など取っていない為そのような訳もなく、ただ「いらっしゃいませ」と私達。

 そして私は珈琲をお出しして、逃げるように休憩へと飛び出していったのです。


 気が済むまで休憩をして戻ったところ、Kの表情が違う。
「なぁY、あの人林さんやで。」


 それで全て把握しました。「sumus」の林哲夫さんです。古書ダンデライオン、お名前が林さん、ブログに書くというキーワードで、Kは林さんお帰りのすぐ後に気付いたそうです。油断しておりました。本当に失礼いたしました。
 そして、きっと大して買いたいものなどなかったであろう棚から、わざわざ選んでいただいてありがとうございます。正直、マラルメに関する本は「売れるのかね?」と疑心暗鬼でしたので、無事嫁入りできましたことで、こちらも一安心です。

 ブログにも早速取りあげて頂いたようで、もう何と言ってよいのやら。
〈daily-sumus〉のカテゴリ「あちこち古本ツアー」の中で紹介していただいております。恐縮。


 しかし、砂の書の寺井さんの威力もすごいのですが、古書ダンデライオンさん(はんのき、トリペル)の影響もすごいなぁ、と改めて感心する日々。先日もガケ書房さんで貸し棚を利用しているという男性の方が、お知り合いだというダンデライオンさんのブログを見て御来店されました。おしゃべりに夢中になってしまって、ブログやらツイッターやらをやっているのかどうか等の情報を聞くのをすっかり忘れていました。貸棚のことやコツなどを色々教えて頂いて勉強になりました。御覧になっていたら懲りずに、再度御来店くださいませ。

 


「虎の威を借る狐」
まだまだこのような状態ですが、いつか自立した狐になれるよう、先輩方の威を借りられるうちは借りて、学べることは学んでいく次第であります。自立しても狐…狐ではどうかなーという感じもするのですが…。



 あと当店では私どもの手が空いていて、かつ店自体が暇で、更にお客様に余裕がある場合は御飲物をお出ししておりますので、出された場合は遠慮なさらずにお召し上がりくださいませ。(珈琲、紅茶、日本茶の三つのうち、そのときあるものを、ですが)
 林さんも書いていらっしゃいましたが「5階までわざわざどうも」の意味合いです。飲んだからと言って何か買わなければならない、という気持ちになる必要はございません。そりゃ買っていただけるのにこしたことはありませんが。

 ま、その何というか、色々な方の目が注がれることで、本が色めき立つような気がするのですよ。ざわざわっと。女も男も、そして本も注目されるうちは花でいられるのであれば、じいっと見て頂くだけでもこちらとしては非常にありがたいのです。あとは、その花をあの手この手でいかに美しいまま管理し、出荷するか、というこちらの能力が問われるだけなのですが。これが難しいのですなぁ。




 しかし野球が始まらないと年が明けた気がしませんね!!(私だけ?)

AUTECHRE "confield"

2011.01.10.Mon.02:06
前々回のブログでYが臨時休業のお知らせのしたのですが、それに訂正があります。1月16日(土)と書いてますが、正しくは1月16日(日)です。


さて、今年最初に紹介するのがこちら
IMG_0001_convert_20101224191056.jpg
2001年イギリスのレーベルWARPからリリース

Autechre(オウテカと一応日本語では呼ばれています)はイギリスのマンチェスター出身のショーン・ブースとロブ・ブラウンのユニットでWARPの看板アーティストと言っても良いと思います(なにせデビューアルバムから最新作まで約20年ぐらい、すべてここから出している大変珍しいアーティストとレーベルの関係だと思います)。ヒップホップやテクノ以降のダンスミュージックの文脈の中で、それを否定するのではなく、そのルール=ループつまり機械による反復(色々あると思いますが、私はこう捉えています。)の中でどこまで逸脱出来るか、という事にいつもチャレンジしている印象をオウテカから受けます。このアルバムはそんな彼らの中で、新しい境地に入った印象を受けた作品です。初期の頃の「INCUNABULA」や「AMBER」等も当店には御座いますので、聴き比べてみるのも一興かと。
続きを読む "AUTECHRE "confield""

単なる雑記。

2011.01.10.Mon.10:00



 目に見えるカタチ、ではないが、それとなく薄々と<sumus>の記事の影響を感じていた昨日。本当にありがたいことです。今更阿呆か、と言われそうだがネットの力はすごいものだ。(恐ろしさも含め)


 古書ダンデライオンさんの御威光(ブログ効果)もまた続く。昨日は大学の事務をされているという方が御来店。善行堂さんにもよく出入りされているらしく、当店の棚なぞ嗚呼、という具合だろう。学園祭で面白い企画を予定されているとの事。学園祭の準備ってこの時期から動いているのか!Yの通っていた大学は学校の政治的な動きにより、在学中一度も開催されることがなかった為、学園祭と聞くと胸が高鳴る。良かったら、ということなのでその企画のお誘い、改めて正式にいただける日を楽しみに待つことにする。(それまで店をやりくりすることも同時に誓う、心の中)


 学生時代、といえば昨日は大学時代からの年上の友人である、S子さん一家が御来店。勉強家のS子さんに見せるには貧弱な棚で、心の中で赤くなる。写真論のゼミで御一緒したことが、その後の友人関係につながっているのだが、その授業担当の評論家の先生が亡くなられ(てい)た、ということをはじめて知る。卒業式後のイベントで、学生と愉快に踊ってらした姿がありありと思い出された。謹んで合掌。

 Yの友人は割と年上の方が多いのだが(多い、といったって友人自体の数がしれてますが)、その人々が縦横無尽に人生を闊歩する姿を、今よりずーーーーーっと若い頃に見させてもらえたので、「なんかわからんけど、どういう風に生きたって大丈夫」と今の今までへらへらと過ごしてこられたのである。本当にありがたい存在達。

 お勧めの店まで送る途中、Yの友人なら誰もが言う言葉をいただく。普段いくつもの猫の皮をかぶっているので、こういうときは化けの皮をはがされる思いだが、ちょっとやそっとじゃ出てきませんよ、な言葉。時間ではなく密度に換算される関係ならでは、だ。こういう人たちの前では、嘘はつけない。(つかないけれど)

 しかし素敵な御家族。子供さんは最後まで眠そうであったが(ぐずらなかったのがエラい!大人に付きあわせて申し訳ない事しました)、夫婦二人の絶妙なフォーメーションの子守は印象的であった。家族をもつことに興味はないのだけど、あのような光景をみているのは好きだと思う。





 帰りに普段なら方向が真逆な為、絶対に寄ったりしないブックオフ三条店をのぞく。単行本の均一500円セールをやっているということもあったが、今すぐ何か読むものが欲しいというのか、本を買いたいという欲求があったのだ。しかしいざとなると財布の紐はきゅっとしぼられ慎重になってくる。特にめぼしいものもなく、出ようとしたそのとき平台の全集が目にとまる。
 筑摩書房の日本文学体系シリーズで、武林無想庵が収録されている一冊がある。…欲しい。隣には小山内薫収録モノもあるではないか。…欲しい。
 …しかし荷物も多く、雨も降っていた為断念。

 お店としてはずらりと全集を置く分には?な状況だが、個人的には全集モノというのは好きで、単体では割と買う。ああいう一冊で事足りる作家もいるし、読んだことのない作品をまとめて読むには良い機会でもある。重さや大きさはあまり気にならないので、私は通勤時も読んだりしていた。
 今は文芸文庫としてコンパクトに所持できるが、それでもこぼれおちる作家や作品たち。
 こぼれおちるものは、自分で拾わなければならぬ時代なのだと思う。




SILENT POETS "For Nothing"

2011.01.10.Mon.16:17
IMG_convert_20110110152733.jpg
1997年 トイズファクトリーからリリース

サイレント・ポエツはファッションブランドSOPH.などにも関係があるグラフィックデザイナーとしての顔を持つ下田法晴と春野高広によるユニットで、2000年に春野高広が脱退後は下田法晴のソロプロジェクトになったのですが、2005年リリースの「SUN」以降はアルバムのリリースもなく、現在の活動休止の模様。

前回までに紹介した作品はボーカルがなく、インスト(今でもこの単語は使われているのでしょうか?)ばかりの作品だったのですが、今回はボーカルも入った作品です。最近でもそうなのですが、高校生ぐらいからテクノの影響で歌モノを聴く事が少なくなり、逆に声や歌の入った曲を改めて聴くとやっぱり人間の声が持つ力というか(なんか紅白の締めの言葉みたいですね…)、なんというか今でも謎です。

彼らはヒップホップやレゲエ、ダブ等の流れを汲んでいると思うのですが、そんなに激しい感じの曲調ではないので、クラブに行く傍ら家で良く聴いてました。サイレントポエツと言えば私にとってこのアルバムと、これの次回作の「TO COME...」にやっぱりなるかな。

なんにでもすがるふたり。

2011.01.11.Tue.22:22
 昨日(10日)は仕事もそこそこに(いつものことだ)、直前まで行くのを渋っていたKとともに「えべっさん」にお参りしてまいりました。


 夜の8時半くらいだったと思うのだけど、なかなかの賑わいぶりに何だかほっとする思い。そして「何とか続けられますように」という感じのお願いをする。かつげるものは岩でもかつぎたい、のだ。そして、本来なら熊手や笹につけるであろう駒形のお飾りのみを手に入れる。(裏に商売繁盛の文字がはいっております)

                003_convert_20110111212142.jpg

 
前に働いていた職場でも、毎年上の3人が(社長含め会社の従業員数5名でした)お参りをして色とりどりのお飾りをつけた笹を買っていた。社長曰く、毎年毎年こうやってお参りできるということが重要なのであって、笹はその証拠というかお土産的なものだ、と。私は派手な笹飾りを、毎年勿体ないと思っていたのだけれど、なるほどなぁと感心したものだ。

 
我々も、また来年お参りができるようにしたいものだと思う。



 とか何とか云いながら、去年も実は参っていたのだった。ただし商売をしようという意思はなく、「いつか個人事業主になれますように(か、確定申告をする職業につけますように、だったような…小学生か!)」というようなお願いをしたと思う。しかもお参りがメインではなく、単純に賑わっている人ごみにもまれてみたかった、という動機からなのであった。一番混んでいるときに、一度列に入ってしまうと神社へと押し出されていくようになっているので「何か願い事しなければ…」と考えた末が先述の様な陳腐な内容であるのだから、迂闊な気持ちで行っては駄目ですね。当たり前ですが。



会社の話が出たついでに、去年自分の中でヒットしたサイトを。ネット住人の方は結構知ってるのだろうな。店番が多かったので出来そうなことは色々やったのだけど(仕事はさっさと済ませて、です)、このサイトの自動再生を利用して優雅な気分に浸ったことも。→ <ムーンベル>




 1月16日(日)は、臨時休業いたします。Kは芝居を、Yはスチールとお手伝い(という名の邪魔)をしてまいります。いよいよクランクアップだそうです。(よね?監督)


映画俳優Kの

2011.01.11.Tue.23:16
次回作は ばあちゃんの年金で制作し101匹の雑種犬 が脇を固め石井裕也が監督を務めるジョジョの奇妙な冒険の映画化です。

101匹のわんちゃん従えて、ジョジョか~。

あっ、そうそう、ついでにYの宣伝も

映画俳優Yの次回作は 取り忘れた自販機のおつりで制作しユ・オソン が脇を固め石井裕也が監督を務める野口英世の自伝映画です。

取り忘れた自販機のおつり、おいくら万円?

それにしても、二人とも石井裕也監督からお声がかかるとは

BRIGITTE FONTAINE "ラジオのように”

2011.01.14.Fri.01:57
IMG_convert_20110113185148.jpg
オリジナルは1970年フランスのSARAVAHからリリース  当店在庫品は1992年ポリドールからリリース

タイトルがフランス語なので、タイプ断念して日本語訳でご紹介。最近知って、好きになった一枚です。で、何で知ったか、というと、「間章クロニクル」(愛育社)という本からです。

この本は映画監督の青山真冶氏が足掛け5年ほど費やして撮ったトータル7時間半のドキュメンタリーフィルム「AA」と対になった形として音楽批評家の間章(あいだ あきら)氏についてのもので(間章氏自身の原稿も掲載されています)、間章氏とその時代等を知らない/経験してない人(私)にとって、バランス良く編集された内容だと思います。(当店在庫あり)

それでこのアルバムですが、甘ったるくはなく、甘く、かすれてしまいそうで、かすれない(どれもイマイチな表現ですが)魅力的な歌声、
そして歌詞、最近少し、詩的なモノへの興味も出て来ていて(一生無いと思っていたのですが)、そんな気分なので、なんか…こう って感じの内容の詩、
あと当たり前ですがレコード(録音物)としての完成度が高く、良く聴くと色々な所に仕掛けがあり、今の耳で聴いても刺激的です。

シャンソン歌手ブリジット・フォンテーヌの当時の位置づけというか、日本での受け入れ方等は、私が生まれる前なので知らないのですが、うちの母でも知ってるくらい有名だったそうです。しかし、これがポップスの括りに入る代物とは思えませんが、もし流行していたのであれば、良い時代だったと…

前回、歌モノは謎、と書き、依然謎なままですが、最近気になる歌い手がポツポツ出てきました。

コレット・マニー、アンナ・プリュクナル…

誰の影響かね



売切れ

徒然。

2011.01.15.Sat.23:30

 1月16日(日)臨時休業いたします。ご了承くださいませ。




 講談社版世界美術23 古代アメリカ編(昭和40年4月20日発行)の函。

                     古代アメリカ

 表情がすごい。モナリザの微笑みの複雑さとは対照的な、単純明快なそれでいて大らかな微笑み。本自体もカラー写真づくしで、埴輪や土偶とは違う古代南米のデザインの良さを知る。何というか、対象物に表情がある。
 昔の方が細分化できるほど表情や感情があったのではないだろうか(言い方が少し良くないが種類の豊富さとでもいうべきか)などと思う。しかし、こんな貯金箱があったら、「はいはい」と毎日硬貨を入れるかも。



 本日は把握しうる限りにおいては初めて、当店紹介いただいているブログなどを見ずに御来店→お買い上げ、というお客様に出会う。ネットの情報だけで来ていただけるだけでもありがたいのに、ビルの壁に掲示したプレートだけで来店される、というのはよほどの方だ(すごい!)なぁ、と思う。これからも宜しくお願いします。


 当店で「冒険少女」を扱っているアシタモさんも御来店。現在京都でお仕事をされるようになったということで、通勤時間に読まれる本を。年賀状で「アシタモさんの世界観にぴったりの本がありますよ」と紹介していたのだった。16日の楳図かずお役のことなどを少し話す。
 ちなみに紹介した本はこちら。→ ヨゼフ・チャペック『チャペックのこいぬとこねこは愉快な仲間』(河出文庫) ありえないファンタジー。でも肯定したいファンタジー、だと思う。



 昨日はYが服でお世話になっている(といっても今年に入ってからは行けてませんが)cuccia藤井大丸店の店長である中島さん(旧姓、育児休暇中)とスタッフのワタナベさんに来ていただく。(オープン当初にはイエムラさんというスタッフの方も!)私は服はこちらとSOU・SOUさんでしか選ばないのだが、それはこの二店のスタッフの、お店(ひいては商品)への愛情をよく感じるからだ。白々しさの一切ない素直な愛情、とでもいうべきもの。

 以前、繊維業の端くれ(プリント生地の卸)にいたのでわかるのだが、本当に服(生地)が売れなかった。アパレルは注文を出しておきながら発注は後回し、ということや逆に納期を早めろ、など迷走状態。デザイナーがプリントの技術(こうすればこうなってしまう、というような悪い例も含めて)を知らない為、こちらも出来るだけ期待に応えようとしてもうまくいかない、とか。(工場の能力等もあるので)そんな中で社長もよく頑張っていたのだが、それでも売れないときは売れない。割と高級な生地ばかりだったので、在庫としてあると大変なのだ。
 社長は「ええもん作ってたら必ず売れる」が信念の人であったが、「ええもんをつくる」(この場合は企画、予算の範囲において最大限の努力をする、ということ)のは当たり前のことで、最終的には販売の能力じゃないの?と私はいつも思っていた。特にこの二店で買い物をすると、その思いは一層強くなった。
 中島さんにはお世話になっていて、「今は買わなくていいんじゃないですか」という言葉もありがたいし、購入した服をほぼ全て覚えていて(対応していないスタッフさんも覚えてくれていたりする)、それだけではなく持っている他社製品なんかを覚えていて、それらの組み合わせまで提示してから勧めてくれたりするのでありがたい。しかも私だけではなく他のお客さんにもそうなのだから、なおすごい。
 「あぁ信頼できるなあ」と思ったきっかけは、大混雑するセールで購入した服まで覚えていてくれたこと。気持ちのいい接客を感じるお店、本当に頭がさがります。





 しかし、本の動きは面白い。「この人が、この本を!?」というのではなく、「え、この本が?」というものが旅立って行ったりする。少しだけ親心的な部分が疼いたりするような、そうでもないような…。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。