レコード・ジャケッツ。

2016.10.10.Mon.23:00
印象的なジャケットのレコードを引き取らせていただきましたので御紹介。

GEDC2146.jpg
【RED BIRD/BLUE CAT STORY】
可愛い!と思わず何度も見てしまう、ギターを弾く鳥とラッパを吹く猫のイラストジャケット。レッド・バードというレーベルとそのサブ・レーベルであるブルー・キャットの60年代アメリカン・ヒット・ポップスのコンピ、とのこと。


GEDC2147.jpg
【afrisong Muhal Richard Abrams】
わかりにくいかもしれませんが、(セーターなどのニット系の)編み目をベースにタイトル等が配置されています。配色も◎。


GEDC2148.jpg
【ブラジルのギター音楽 トゥリビオ・サントス】

GEDC2149.jpg
サントス、ひとの好さそうな人だ…

GEDC3173 - コピー 人間は見た目が9割、熊は見た目が10割っていうもんね


THE BRIAN JONES MEMORIAL ALBUM。

2015.05.30.Sat.00:00

BJ1.jpg

sanpei.jpg

  ブライアン 君、結局レコード祭りには行かなかったんだってね 一緒にやってきた皆はかなり旅立っていったよ


BJ.jpg

  俺 ここが結構気に入ったんだ…


sanpei.jpg

  ドラッグよりも?


BJ.jpg

  ……


sanpei.jpg
 
  君、正直だね 気に入ったよ 僕たち友達になろうよ


鳥

 それは無理なハナシやで


sanpei.jpg

  あ、フランソワ…


鳥

  皆さんはここに仮住まい、仮宿としていらっしゃるだけなんや 肩入れしてたら身がもたんのや ほら、行くで!


BJ2.jpg






 …待って…


BJ3.jpg

BJ.jpg
 
  …?


BJ4.jpg



  でもブライアン 
  君が好きなだけいたらいいんだからねッ



BJ5.jpg 



こらっ!






ヘヘヘ…






♠♠♠♤♤♤♠♠♠♤♤♤♠♠♠♤♤♤♠♠♠♤♤♤♠♠♠♤♤♤


              brian jones memorial album

brian jones memorial album4 brian jones memorial album2 brian jones memorial album3

前にも書いたとおり、Brian Jones在籍時のストーンズのスタジオアウトテイクを中心にした2枚組のアルバムです。
ジャケットの左上部にやや難あり、内部に小さなシミ一点ありですが、その他大きなダメージなく、盤質も良好です。
1982年リリース。


Radiq / Tomorrow's Quest

2012.02.20.Mon.17:58

IMG_convert_20120220163507.jpg

 
 電子音楽の作曲家としての活動と並行して、映画やテレビドラマなどの音楽も担当したりなど幅広く活躍している半野喜弘が電子音楽を軸としてジャズやソウル、レゲエ等の要素を取り入れたプロジェクトのRadiq2枚目のアルバム。

 チェロやサックス等の生楽器、ラップやボーカルなどが、精緻にプログラミングされた電子音に絡み、意外とありそうで無かった音楽かと。電子音だけの音楽はちょっと・・・という方にもお勧め出来る内容になっていると勝手に思っていますが、如何ですか?

 




Pierre Bastien/Mecanoid

2012.01.24.Tue.15:39
IMG_convert_20120124150635.jpg

 電気からくり仕掛け音楽と呼べてしまいそうなこのピエール・バスティアンのアルバム。事情を知らずに聴いてもどこかヨロヨロしたリズムや、もの悲しげ、もしくは気の抜けた感じのするメロディーだけでも不思議なグルーブを醸し出しているので楽しめるのだが、どのようにしてこれらの音が鳴らされているかを知れば、さらに面白い。
 電気モーターが駆動源となった自作装置にレコードプレーヤー、民族楽器等や耳で聴くかぎりでは何の音かも判別できない機械?などが鳴るような仕掛けを作り、それらの機械仕掛けによる反復によって生み出される音と、自身が演奏するトランペットの音が重なり合ってなんとも言えない奇妙だがどことなくコミカルにも聴こえてしまう音楽になっています。
 ぜひご賞味下さい。




Jim O'rourke / I'm happy, and I'm singing, and 1,2,3,4

2012.01.20.Fri.18:00
IMG_convert_20120120173529.jpg


 日本人とのコラボレートも多数あり、すっかりおなじみになったジム・オルークのオーストリアのレーベルMEGOから2001年リリース。
 少しずつズレながら反復して重なり合う電子音やサンプリングされた音で構成され、非常にゆったりとした時間の流れる作品。BGMとしてなんとなく聴いても良いし、じっくりと聴きこむも良い。聴けば聴くほど味のある作品です。
 
 顔のように見えなくもないアルバムのジャケットを見てYさんが「ポンちゃん」と命名。さらに「BGMとしては好みによるな~」と。
売切れ